Xperia SPにCM11(Android v4.4.4 KitKat)を導入する

公開日: : 最終更新日:2014/10/06 スマートフォン

Xperia SP CM11

先日Sony Mobileより当初予定されていたAndroid 4.4へのアップデートが見送られることになったXperia SP。そこでカスタムROM(CyanogenMod11)を導入しAndroid 4.4へアップデートしてみました。ベースとなる機種はAndroid 4.3 ビルド番号12.1.A.1.207のXperia SP C5303です。

導入前の準備

アプリとデータが全て初期化されますので、リカバリが効かなかった場合に備えて念のためアプリ一覧の画面キャプチャを撮っておきました。また各種サービスのアカウント情報を再確認し、各種メディアはオンラインストレージにバックアップを取りました。

スポンサーリンク

root化

こちらで公開されているツールrootkitXperia_20140719.zipを使います。

1.端末の設定で「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」を複数回タップして「開発者向けオプション」を有効にする。

2.「設定」→「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」をチェック。

3.Xperia SPとPCをUSBで繋げる。

4.上記rootkitXperia_20140719.zipを展開し”install.bat”をダブルクリックして実行。

5.コマンドプロンプトで「— all finished —」と出れば完了。

Bootloader unlock

公式の手順でBootloader unlockします。以下のページの手順に従って進めていきます。

Unlockbootloader – Developer World

1.画面下部のSelect your deviceで”Xperia SP”を選択し、”Continue”をクリック。

2.次の画面でメールアドレスを入力し、”Terms & Conditions”にチェックを入れ”Submit”をクリック。

3.メールが届くので本文内の”Click here to proceed”をクリック。

4.IMEI番号を入力し、”Terms & Conditions”にチェックを入れ”Submit”をクリック。 IMEI番号は「設定」→「端末情報」→「端末の状態」で確認できます。

5.次の画面で示される手順に従ってunlockします。

A.1.Android SDKが必要ですので、無い場合はインストールしておく。

A.2.Fastboot driverのリンクが示されているので、これをダウンロードし、Android SDK > extras > google > usb_driver内の”android_winusb.inf”を置き換える。

A.3.”android_winusb.inf”を右クリックし、「インストール」を実行。

B.1.Xperia SPの電源を切る。

B.2.ボリュームアップボタンを押しながらUSBケーブルでPCと接続する。

B.3.コマンドプロンプトを開き、Android SDK > platform-toolsへ移動(fastbootコマンドにパスが通してある場合は不要)。

B.4.以下のコマンドを実行し、応答があることを確認。

fastboot devices

C.1.画面内に示されている以下のコマンドを実行する。KEYは画面に示されている値を指定する。

fastboot -i 0x0fce oem unlock KEY

CM11のインストール

1.こちらよりcm-11-20140916-SNAPSHOT-M10-huashan.zipをダウンロード。

2.こちらよりgapps-kk-20140606-signed.zipをダウンロード。 それぞれXperia SPのSDカード内に保存します。

3.cm-11-20140916-SNAPSHOT-M10-huashan.zipの中にあるboot.imgを取り出して、上記Bootloader Unlockを実行した時と同じ方法でPCに接続し、以下のコマンドを実行(以下はfastbootにパスが通っていて、デスクトップにboot.imgを置いた場合)。

C:\Users\*****\Desktop>fastboot flash boot boot.img

4.Xperia SPを再起動。

C:\Users\****\Desktop>fastboot reboot

5.起動中(Sonyロゴ表示中)にボリュームダウンを連打し、カスタムリカバリ(CWM)に入ります。

6.wipe data/factory resetとwipe cache partitionを実行。

7.Mounts and storageでFormat /systemとFormat / data and /data/media (/sdcard)を実行。

8.Install zipのChoose zip from sdcardからCM11とgappsをそれぞれ指定し、インストール。

9.Reboot system nowで再起動

導入後の状態について

Xperia SP CM11

・設定の優先ネットワークタイプでLTEを選択すると繋がりません、、、。3Gは繋がります。ここは要調査。

・他は問題なく動いています。動作も軽く滑らかです。

・ライトエフェクトの設定が無く、写真や音楽の再生時に光りません。元々あまり必要と思っていませんでしたが。

スポンサードリンク

関連記事

Xperia SP C5303 のセルスタンバイ対策について

先日購入したXperia SP C5303にセルスタンバイ対策を施しました。以下そのときのメモ。

記事を読む

IIJmio

b-mobileイオンSIMからIIJmioに乗り換えた

IIJmio ミニマムスタートプラン b-mobileイオンSIMに比べ高速である、また050Pl

記事を読む

Xperia SP

仮注文から3ヶ月 ようやく届いたXperia SP C5303 (Red)

Xperia SPを選んだ理由 既に心はほぼ"Moto X"に向かっていた矢先、expan

記事を読む

パナソニックQi対応無接点充電パッドQE-TM102 Nexus5

パナソニックQi対応無接点充電パッドQE-TM102でNexus5は充電できるか

Nexus5はQiに未対応? 先日パナソニックの新しいQi対応無接点充電パッドQE-TM1

記事を読む

IIJmio スピードテスト

Nexus5 + IIJmio (みおふぉん) スピードテスト

はじめに 先日IIJmioにMNP移転して、Nexus5で運用を始めました。"みおふぉん"という親

記事を読む

ASUS ME176 GPS Test

ASUS MeMO Pad 7 ME176のGPS精度は本当に悪いのか?

はじめに 先日購入した7インチタブレット ASUS MeMO Pad 7 ME176。Wi

記事を読む

Plantronics Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70

Plantronics Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70

JabraのワイヤレスヘッドセットEASYGOの電源が入らない 2年前に英語学習用に購入したJab

記事を読む

Nuxus5Battery

Nexus5のバッテリーを交換。で、持ちは良くなったのか?

3ヶ月程前からNexus5のバッテリーの持ちが悪くなり、以下の様な状況になりました。 ・朝方に

記事を読む

XPERIA Smart Tags

Sony Xperia Smart Tagsで毎日のスマホの定形操作をラクに

NFCタグでスマホの操作を行う 普段MVNO(IIJmio高速モバイル/Dミニマムスタート

記事を読む

IIJmio

ソフトバンクからIIJにMNPで乗り換えた

ソフトバンクからMNPでIIJみおふぉんに乗り換える 先日4年間利用してきたソフトバンク回

記事を読む

ad

Amazon Echo
Amazon Echoでスマート電源プラグをコントロール|Google Homeと比較してみた

Amazon Echoが届く  2014年に発売されたAmazon

ブックレビュー|火山で読み解く古事記の謎

 2017年9月下旬頃から鹿児島県の新燃岳の火山活動が活発になり、10

Belkin WeMo Mini & Goole Home mini
Google Home miniで家電操作|WiFi電源コンセントBelkin WeMo Miniとの連携

Google Home miniを購入  2017年10月5

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック
Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック Google Earth フライトシミュレータでの設定

 先日SteamのセールでMicrosoft Flight Simul

dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV
dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV

 朝の出勤前に屋外の気温がどのくらいなのかわかると、服装を決め

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑