Xiaomi Mi Band 2を購入。Fitbit Oneと比較してみた。

公開日: : Fitbit

Xiaomi Mi Band 2をGearBestで購入

Xiaomi Mi Band 2 Fitbit One

 4年間毎日使い続けてきたFitbit Oneですが、最近バッテリーの持ちが悪くなり、帰宅後に気付くとバッテリーが切れて計測が途切れることがあり、またディスプレイもどういう壊れ方をしたのか縦一列のドットが欠けてしまいました。しかし買い換えるにも現行のFitbit製品はどれも高価なものばかり。Fitbit Oneと同時期に発売されたFitbit Zipはまだ手に入るもののアラームの機能が無い。という訳で他社メーカも検討に加え、安価だが製品として定評のあるXiaomiのMi Band2を購入することにしました。Fitbitはサポート体制も良く、国内で広く知られる前からずっと気に入っていたのですが、お財布事情には敵わず。

 Fitbit Oneを2013年1月に発売とほぼ同時に購入した際には国内で入手が出来ず、US Amazon.comで購入したのですが、Xiaomi Mi Band2のほうは既に国内のAmzaonでも\3,500円程度で購入することが出来ます。しかし注文して届いたものが開封済みの汚れのある粗悪品で、直ぐに返品しました。やはり海外製品はマーケットプレイス業者なんかで購入するものではないですね。

 という訳でAmazonはやめてGearBestで注文しました。本体$23.59+Registered Air Mailでの配送料が$1.96でクーポン割引を適用して日本円で計\2,804でした。中国国内からの出荷で到着まで16日間要しました。まあ早くもなく遅くもなくといったところでしょうか。postnlの取扱でしたが、それにしても本当にアムステルダム経由で届くとは思いませんでした。

 届いたものはパッケージも中身も綺麗な新品で、動作も問題ありませんでした。よかった。

スポンサーリンク

 

Fitbit Oneと比較

 本体に心拍計を内蔵しているのでFitbit Oneに比べて厚みはありますが、非常に軽量なので(本体重量のみでFitbit Oneに比べて1g軽い)長時間腕に付けていても気になりません。睡眠の計測はFitbit Oneの場合は就寝時、起床時にボタンを長押しする必要がありますが、Xiaomi Mi Band2はセンサーによる自動計測です。腕時計などのデバイスは睡眠時には付けたくないタイプなのですが、数日間試してみて意外と気になりませんでした。

Xiaomi Mi Band 2 Fitbit One

 Fitbit Oneは普段は下着の襟に付けていて、こちらも仕事中などは気になりませんが、毎日付け外ししているせいでクリップの摩擦で下着に穴が空いてしまいました。洗濯ばさみのようなタイプのほうが良かったかもしれません。

 心拍計は元々正確なものを持っていないのでちゃんとした比較は出来ませんが、スマホのカメラセンサーを使うRuntastic Heart Rateと比べて大きな差異はありませんでした(試しに手首の脈を指で図った心拍数と比べると+6の値が表示されました)。心拍数は任意のタイミングでの計測及び連続計測共にXiaomiの公式アプリMi Fitで可能です。スポーツ選手ではないので、普段の運動の中で「7つの習慣」第四部にも書いてある理想的な心拍数”(220-年齢)x0.6″に対するおおよその値を確かめるのには十分だと思います。

Xiaomi Mi Band 2 Fitbit One

 Fitbit Oneには無い特徴としてスマホアプリからの通知に対応している点があります。時計も付いているので腕時計代わりに使うことも出来ますが、既にPebbleを愛用しているのでそこは不要。むしろ腕に2本デバイスを巻くことになり見た目がアレなのでクリップケースを物色中ですがMi Band2用は無いようですね。

 バイブレーションはFitbit Oneに比べて細かく弱い振動です。バッテリーの持ちは良く、1日で10%前後の減り具合です。3週間持つとか言っている人がいますが、そこまではいかないですね。

 スマホ側の公式アプリMi Fitはよく出来ていると思います。少なくともカスタマイズ可能なパネルによるダッシュボード形式のFitbitと比べて特に見劣りすものではありません。ここは意見が分かれるところだと思います。Fitbitは文字やアイコンが大き過ぎるんですよね。しかも重要な情報は小さく、どうでもよい情報が大きく表示されていたり。Mi FitはGoogle Fitとの連携も問題なし。Fitbitは(おそらく戦略的に)Google Fitとの連携機能を実装していません。またMi Fitは英語表記で日本語には対応していません。対応しなくても良いですけど。

 Fitbit Oneと違い腕につけるものなのでバンド部分の見た目の安っぽさは気になります。決してオシャレと言えるものではありません。サードパーティからデザインの異なるものが発売されていますが、本体が安いだけにわざわざ購入するのもどうかと。ただし歩数のカウントなどFitbit Oneと共通する基本的な機能に大きな問題は無く、十分満足のいくものでした。

 それにしても、こんな安価なものが世界中に広まるようではFitbitも今後苦戦を強いられるのではないでしょうか。既に一部で撤退報道が出ているJawbone然り、アクションカメラ市場でのGo Proもまた然り、、。

スポンサードリンク

関連記事

Fitbit One

Fitbit Oneを米Amazon.comで購入!

Fitbit Oneを米Amazon.comで注文 久しぶりに米Amazonをチェックした

記事を読む

Fitbit One

Fitbit Oneが故障→無償交換してもらうまでの顛末

Fitbit Oneが故障? 先日の朝方、いつものようにFitbit Oneのスリープトラ

記事を読む

ad

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック
Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック Google Earth フライトシミュレータでの設定

 先日SteamのセールでMicrosoft Flight Simul

dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV
dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV

 朝の出勤前に屋外の気温がどのくらいなのかわかると、服装を決め

Huawei タブレット MediaPad T3 10
Huawei タブレット MediaPad T3 10 で外部機器接続を試す

 先日HuaweiのタブレットPC、MediaPad T3 10を購入

アクションカメラ DBPOWER EX5000
格安GoProもどきアクションカメラ DBPOWER EX5000|ソニーのアクションカメラと比較してみた

 先日、日テレの朝方の情報番組"ZIP"で「GoPro女子」な

ELECOM(エレコム)Androidスマホ用USB-DAC EHP-AHR192
Amazon Prime Musicを高音質で – ELECOM(エレコム)Androidスマホ用USB-DAC EHP-CHR192

Amazon Prime Musicを高音質で聞きたい  昨年からA

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑