PENTAX K-30|O-GPS1とオールドレンズで旅先でサクッと星空撮影

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 一眼レフカメラ , ,

O-GPS1とオールドレンズの組み合わせ

PENTAX K-30 O-GPS1 オールドレンズ

昨年購入したPENTAXの一眼レフデジカメK-30には”smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF]DC WR“というズームレンズが付属していました。普段日中にスナップ写真や風景写真を撮るにはこれ一本で済み、開放F値は普通ですが、カメラに取り付けた時の比較的大きく見える鏡筒サイズのバランスがカッコよく気に入っています。

しかし星を撮る場合には星像はシャープなものの、やはり暗さが目立ちます。かと言って単焦点を購入するほどでも、、、。

という時に検討したいのがいわゆるオールドレンズ。中古で数千円で購入できてしまう、お財布に優しい選択肢なのです。私が持っているのは”SMC PENTAX 50mm F1.4″。祖父が使っていたPENTAX KMに付いていたものです。(なのでタダ。ありがとうじいちゃん。)

これとO-GPS1と組み合わせれば2万円前後で追尾撮影が出来ます。しかもコンパクトで持ち運びもし易い。重さはレンズが265g、O-GPS1は電池込みで61g。これなら星の撮影が目的でない旅行にも躊躇せずに持ち物に入れられます。という訳で連れて行くことにしました。

スポンサーリンク

千葉県の房総半島へ

今回は千葉県の房総半島へ出かけました。外房や半島南部は街灯りの影響も少なく、本格的な天文ファンも訪れるほど星が良く見える場所です。ところが当日は昼間から薄雲が出て、晴れているのか曇っているのかはっきりしない天気。関東南部の海に近い地域では、大気中の水蒸気量が多い夏場にこんな日が多くあります。

日没後も空の様子は変わらず、昼間に観光やら移動やらで体力を消耗していたので、撮影はあきらめて眠ることにしました。

しかし夜中の3時過ぎに激しい胃痛で眼が覚めました。またか、、、と思いながら病院で処方してもらった薬を飲み、ふと窓から空を眺めると星が見えました。明日も早起きだしツライな、、、と思いましが、せっかく来たのだから、ということでゴソゴソ撮影の準備に取り掛かりました。

アストロトレーサーによる撮影

屋外に出ると南から西の方角の低空にまだ薄雲が広がっていました。一方北の方角から天頂付近にかけては雲がなく大丈夫そう。東側は障害物のためNG。ということで、天頂近くのはくちょう座とアンドロメダ座付近を狙うことにしました。

まずはいつもの通りアストロトレーサーの精密キャリブレーションを行います。東の低空以外は空が開けていたせいか3~4回繰り返して10秒程度で完了。撮影モードをBlubにセットし、首が痛くならない位置にあったわし座のアルタイルをライブビューの中央に捕らえて拡大します。この状態で星像を見ながらフォーカスリングに触れるか触れないか程度の感覚でオーバーインフ手前の無限遠にピントを合わせます。

次に構図を決めますが、今回はじっくり設定していると夜が明けてしまうので、テキトーな感じで天頂付近の雲のない部分に向けて、レリーズのシャッターを切っていきました。

(ちなみに三脚は昨年購入したKING Fotopro カラー三脚 C-4i。電子レリーズ(ケーブルスイッチ)はCS-205互換品です。)

そうして30分ほどで撮影を完了し、再び眠りに就いたのでした。

以下そのうちの2枚です。

はくちょう座付近、北アメリカ星雲(NGC700)が微かに写っています

PENTAX K-30 O-GPS1 オールドレンズ
(PENTAX K-30 SMC PENTAX 50mm F1.4開放 ISO3200 10sec)

アンドロメダ座付近、右上にM31。

PENTAX K-30 O-GPS1 オールドレンズ
(PENTAX K-30 SMC PENTAX 50mm F1.4開放 ISO3200 10sec)

、、、少し絞って感度も下げたほうが良かったかな。

とにかく、こんな感じでほとんど固定撮影と同じ感覚で旅の合間にサクッと撮影出来るのがアストロトレーサーの魅力です。

スポンサードリンク

関連記事

PENTAX K-30+初代KマウントオールドレンズSMC PENTAX 50mm F1.4で天体写真撮影

先日PENTAX K-30と、購入時にセットで付いてきたズームレンズ"smc PENTAX-DA 1

記事を読む

PENTAX K-30 + O-GPS1 で星野写真を撮る

PENTAXのGPSユニット O-GPS1を購入 星が好きな人にとってはジョーシキですが、日周運動

記事を読む

PENTAX K-30

PENTAXの思い出~K-30を購入

先日PENTAX(ペンタックス)の一眼レフデジカメK-30(18-135WRキット)を購入し

記事を読む

TAMRON タムロン 望遠ズームレンズ AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2

PENTAX K-30の交換レンズとして 先日、日本の某メーカーが海外で発売したスマートフ

記事を読む

ナカバヤシ キャパティドライボックス DB-8L-N

防湿ケース ナカバヤシ キャパティドライボックス DB-8L-N

カメラの保管用に 一眼レフカメラと交換レンズの保管用に防湿ケースを購入しました。 ナカバヤシ

記事を読む

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー

レンズの結露防止対策を考える ~ ドリンクウォーマー + ANKER Astro M3 モバイルバッテリー

ドリンクウォーマーで結露対策 湿度の高い日本では、屋外で星空の撮影をする場合、レンズの結露対策が必

記事を読む

Apple TV Flickr

Apple TVが非公開Flickrに対応!もうMiracastやChromecastは不要かも

テレビでFlickrを見たい! 昨年6月にApple TV (MD199J/A)を購入しました

記事を読む

FlashAir

東芝FlashAirのステーションモードでPCに一括ワイヤレス転送する手順

はじめに 昨年購入した東芝の無線LAN内蔵SDメモリーカードFlashAir。一眼レフ

記事を読む

C/2014 Q2 Lovejoy. PENTAX K-30 + TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 [Model A17] 200mm F4.5 ISO1600 8Sec. x 8frames Processed by DeepSkyStacker & Gimp. Koto-Ku Tokyo. 2015/01/07

東京で撮影したラブジョイ彗星|PENTAX K-30 + O-GPS1

ラブジョイ彗星が肉眼等級に 昨年8月に発見されたラブジョイ彗星C/2014 Q2が5等級まで明るく

記事を読む

オリオン座PENTAX-DA35mmF2.4AL

PENTAX-DA 35mmF2.4ALで星空の撮影 – オリオン座

PENTAXの安価な単焦点レンズ、DA 35mm F2.4ALで星空の写真を撮影してみました。肉眼で

記事を読む

ad

Amazon Echo
Amazon Echoでスマート電源プラグをコントロール|Google Homeと比較してみた

Amazon Echoが届く  2014年に発売されたAmazon

ブックレビュー|火山で読み解く古事記の謎

 2017年9月下旬頃から鹿児島県の新燃岳の火山活動が活発になり、10

Belkin WeMo Mini & Goole Home mini
Google Home miniで家電操作|WiFi電源コンセントBelkin WeMo Miniとの連携

Google Home miniを購入  2017年10月5

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック
Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック Google Earth フライトシミュレータでの設定

 先日SteamのセールでMicrosoft Flight Simul

dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV
dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV

 朝の出勤前に屋外の気温がどのくらいなのかわかると、服装を決め

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑