Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック Google Earth フライトシミュレータでの設定

公開日: : レビュー, ガジェット

 先日SteamのセールでMicrosoft Flight Simulator X Steam Edition (FSX)を購入しました。税込みで745円でした。Flight SimulatorをプレイするのはむかしFlight Simulator Version 5で遊んだとき以来です。当時自宅にあったパソコンはこれとCivilizationをプレイするために存在していたようなものでした。紀元前に鉄道をひいたぜ~とか友人同士で成果を自慢していた頃が懐かしい。

 ゲームを安く購入できたので、ジョイスティックも揃えようと調べたところ、国内ではあまり流通していないことがわかりました。日本ではこの手のシミュレーター系のゲームは人気が無いのですね。

スポンサーリンク


 LogitechのExtreme 3D Proが比較的安価で良さそうだったのですが、国内のAmazonを探しても、マーケットプレイス業者が本体に海外からの送料+αくらいの価格を加えて設定しています。一方でUS Amazon.comではAmazon自社の取扱い。レビューも大量にあり、ベストセラーになっています。お国柄の違いがはっきりしています。送料込みでもあまり価格が変わらないし、中古だか新品だかわからない怪しいマーケットプレイス業者から購入するよりマシ、という訳でUS Amazonで購入することにしました。

 Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

 Standard Shippingで注文後6日で発送、12日後に自宅に到着。商品34.99ドル、送料14.45ドルでした。到着した外箱の梱包テープには”echoはいいよ~買ってね”の目立つ広告が。早く日本でも発売して欲しい。

PCとの接続

 外箱ダンボールの中には緩衝材無しで商品が放り込まれていました。同じAmazonでも海外はこんなものです。

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

 製品に同梱の薄っぺらのマニュアルに「まずはここへ行け」とURLが記載されているのですが、そんなページは存在せず、Logitechのトップページにリダイレクトされます。しょうがないので検索ボックスに”Extreme 3D Pro”と入力し、出てきた製品サポートページからDOWNLOADSリンクを辿りました。

ココ→http://support.logitech.com/en_us/product/extreme-3d-pro/downloads

 ここでOS選択後、”Logitech Gaming Software”をダウンロードしてPCにインストールしました。

 インストーラーの指示に従ってセットアップを進めていくと途中でテスト画面が表示され、ジョイスティック、スロットル、その他全ボタンの動作を確認することが出来ます。梱包はイマイチでしたが、ここで無事全ての正常な動作を確認できました。

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

 またセットアップ後、”Print Game Layout”からインストール済のFSXを自動検知して設定されたアサインを印刷することが出来ます。これに説明を追記してみましたので、以下に貼り付けておきます。(クリックで拡大)

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

Google Earth フライトシミュレータでの設定

 FSXの前にまずはお手軽にGoogle Earthのフライトシミュレータでジョイスティックの動作を試してみました。Google Earthからフライトシミュレーターを起動してみたところジョイスティックは認識するのですが、Yaw(ラダー)とThrottleが入れ替わっておかしな事になっています。そこで以下の手順で修正しました。

1.C:\Program Files\Google\Google Earth\client\res\flightsimに移動し、その中にあるcontrollerフォルダをcontroller.bakとして丸ごとコピーする。

2.controllerフォルダ内の、logitech_extreme_3d.ini以外のファイルを全て削除する。

3.一番先頭に記載されている

controllers_supported = [
  Controller('*Logitech*Extreme*3D*', 12, 12, 4, 4)
]

controllers_supported = [
  Controller('*Logicool*Extreme*3D*', 12, 12, 4, 4)
]

に書き換える。これでYawとThrottleの入れ替え問題は解決されます。アプリ上の表記といい、ロジテックかロジクールかどっちかにして欲しい、、、

4.さらにフラップとギアの操作をFSXに揃えた形で有効にするため、button_press = の内容を以下のように書き換えました。

button_press = [
  B2 add(dDE_T, -0.1)
  B3 add(dDE_T, 0.1)
  B4 add(DF, 0.2, 0, 1)
  B5 add(DF, -0.2, 0, 1)
  B7 toggle(DG)
]

どうもGoogle Earch側とExtreme 3D Pro側では以下のようにボタンの番号が一つずつずれた対応になっているようです。

% B4=>B5
% B5=>B6
% B6=>B7
% B7=>B8
% B8=>B9

ちなみにB2、B3のエレベータートリムは上記の設定では有効になりませんでした。全部記載すると以下のようになります。

logitech_extreme_3d.ini

controllers_supported = [
  Controller('*Logicool*Extreme*3D*', 12, 12, 4, 4)
]

button_press = [
  B2   add(dDE_T, -0.1)
  B3   add(dDE_T,  0.1)
  B4   add(DF,  0.2, 0, 1)
  B5   add(DF, -0.2, 0, 1)
  B7   toggle(DG)
]

axes = [
  A0   set(DA, 1.0, 0.0)
  A1   set(DE, 1.0, 0.0)
  A3   set(DP_0, -0.5, 0.5)
  A2   set(DR, 1.0, 0.0)
]

povs = [
  P0   set(HAngle, 1.0, 0.0)
]

 実際飛ばしてみたところ、ラダーの動きが敏感でスティックに軽く触れただけで機首が左右に振れてしまいます。これまでずっとマウスを使っていたので、そちらのほうが上手く飛ばせるくらい。ただ、ジョイスティックを使うと本当に操縦している気分になりますね。楽しいです。

購入したFSXのほうも、勉強しながらミッションを15個ほどクリアしたところですが、大変面白く、また別記事で書きたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

コクヨ ダイヤルロック 3ダイヤル 黒 KK-D1D

ビジネスバッグを鍵付きに – コクヨ ダイヤルロック 3ダイヤル 黒 KK-D1D

いつも仕事で使っているビジネスバッグのファスナーに取り付ける鍵を購入しました。会社の存亡に関わる重要

記事を読む

dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV

dretec ドリテック 室内・室外温度計 O-285IV

 朝の出勤前に屋外の気温がどのくらいなのかわかると、服装を決めるのに役立つことがあります。テ

記事を読む

BroadLink RM mini 3

Google Homeと赤外線コントローラーで家電を音声操作(アプリ設定のみ)

BroadLink RM mini 3を購入  BroadLink RM mini 3という赤外線

記事を読む

RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップ

360度カメラ RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップを考える

 昨年末にRICOH THETA SCを購入したのですが、このカメラ、布製のケースが付属して

記事を読む

Huawei タブレット MediaPad T3 10

Huawei タブレット MediaPad T3 10 で外部機器接続を試す

 先日HuaweiのタブレットPC、MediaPad T3 10を購入しました。2017年6月に発売

記事を読む

Belkin WeMo Mini & Goole Home mini

Google Home miniで家電操作|WiFi電源コンセントBelkin WeMo Miniとの連携

Google Home miniを購入  2017年10月5日に発表されたGoogleのA

記事を読む

Amazon Echo

Amazon Echoでスマート電源プラグをコントロール|Google Homeと比較してみた

Amazon Echoが届く  2014年に発売されたAmazon Echo。今年1月のInter

記事を読む

ad

ブックレビュー|我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち

 NHKで2018年4月から7月にかけて計3話が放送された「NHKスペ

Motorola moto g6 Plus
希少な「素のAndroid機」Motorola moto g6 Plus | Nexusシリーズからの買い換え

MOTOROLA moto g6 Plus 購入  これまでメインの

ブックレビュー|退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す

 平凡なタイトルからは想像出来ないような中身のある本です。副題も「7つ

ToDo管理ツール探しの旅は続く、、、Wunderlist、Asana

個人用途ならWunderlist  仕事では会社で導入している有料の

RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップ
360度カメラ RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップを考える

 昨年末にRICOH THETA SCを購入したのですが、この

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑