Amazon Echoでスマート電源プラグをコントロール|Google Homeと比較してみた

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 ガジェット, ライフハック

Amazon Echoが届く

 2014年に発売されたAmazon Echo。今年1月のInternational CESでは圧倒的な存在感を見せていたAlexaですが、ようやく手元に届きました。日本語は英語、ドイツ語に次ぎ3番目の言語対応ですが、それでも長い間待たされました。

 日経「2018年ヒット予測ランキング」にランクインしたAIスピーカーですが、もはや極東のガラパゴス諸島、アジアのIT後進国への道を進む某国は世界から見てもこういったIT分野の製品ではかなり優占度の低い市場と捉えられていることをどれだけの人が意識しているのでしょう。経営者は保身を優先し、技術は外資に流れ、もはや世界にイノベーションを与える国内初の製品やサービスは出てくる気配も無いですね。

 なんてことを自分が憂いてもしょうがないので、気を取りなおして届いたパッケージを開けました。

 外箱のデザインは既存の海外で販売されているものと同じですが、表記は日本語で、側面には国内で対応しているスキルのロゴが印刷されています。巷のレビュー記事などでは「100社265スキル!」とか紹介されていますが、はっきり言って企業が売名のために「とりあえず乗っかっときました」的なものばかりで日常的に使いたいなと思ったのは2~3個くらいしかありませんでした。

 ちなみにUS Amazonではスキルの数が20,000を超えたそうで。しかもAmazonアカウントに紐ついているので、US Amazon側のスキルは同時に使えないようで。試してみたいものがいくつかあったのに。Alexaアプリ自体も「ルーチン」の作成メニューが無いなど、海外版と少し異なるようです。

Amazon Echo

 同梱物は本体、ACアダプタと簡単なマニュアルのみです。

スポンサーリンク

 

WiFi電源コンセントBelkin WeMo Miniを制御してみる

Amazon Echo

 別の記事に書きましたが、先月Google Home miniを購入したあとで試したスマート電源プラグBelkin WeMo MiniをAmazon Echoとも連携させてみました。

Amazon Echo Wemo Mini

 Alexaアプリのメニューから「スマートホーム」を選択し、「デバイスを追加」をタップするだけで認識しました。Google Assistantより簡単でわかりやすいです。スキルは不要でした。

Amazon Echo Wemo Mini

 デバイスを選択し「編集」からデバイスの名前を編集することができます。初期状態では「Wemo Mini」となっているので、これを「スイッチ」などに変更すると「○◯オン」、「○◯オフ」、「○◯をつけて」、「◯◯を消して」などのコマンドで反応します。

 Google Homeと比べて反応が速いです。Google Homeは数秒待たされますが、Echoではコマンド発声後1秒程度でWemo Mini側で動作が実行されます。

Google Homeとの比較

 以下Google Home miniとの比較で感じたことです。

価格

 Amazon Echoは期間限定のプライム会員向け価格で7,980円でした。Google Homeのほうはminiで6,480円、これに対応するEcho Dotは3,980円ですから、条件はあるもののハードウェアのスペックを考慮すると価格面では圧倒的にEchoシリーズに軍配が上がります。今後もセールなどで頻繁に値下げは行われると思いますし。言うまでもなくKindleやFireタブレットなどと同様のビジネスモデルです。BtoBにおけるAWSもそうですが、電力や水道のように社会に染み込みインフラを抑える戦略、さすが恐るべしAmazon。Clovaなど放っておけば良いのに。

外観

 意見が分かれると思いますが、Amazon Echoのほうがシンプルで、上面のLEDの点灯も未来的で美しく、洗練されていると思います。

Amazon Echo

音声認識

 どちらもまだ長くは使っていませんが、Amazon Echoのほうが小さな声や早口、他の音が鳴っている状況の中でも良く認識するようです。マイクの性能が異なるminiとの比較なので公平ではないかもしれませんが。

応答内容

 数値や日付に関することを聞くとAlexaは小数点や最小有効桁数まで厳密な値を答えますが、Google Assistantはざっくりな値を答える傾向があるようです。近所の店を訪ねてもAlexaは店舗のリストを応答するのに対し、Google Assistantは簡潔にまとめてピックアップして店の評価などを答えます。概してGoogle Assistantは要領を得た馴染みやすい人柄、Alexaは真面目君、といた印象でしょうか。

 しかしGoogle AssistantはPlay Musicの再生で頻繁にエラーを返すところがイラッとします。複数アカウントの設定回りだと思いますが未だに原因不明です。AlexaによるPrime Musicの再生は快適です。

—————

 アプリ側の作りといい、両者とも今後多くの点が改善されていくと思います。個人的には家電や乗り物などサードパーティ製の対応デバイスがどのくらいのペースで普及してくるかしばらく注目していきたいと考えています。

スポンサードリンク

関連記事

IFTTT DO Note

私が毎日使っているDO Noteレシピ2つ

IFTTTはいつもお世話になっているサービスですが、その中で私がほぼ毎日使っているDO Noteレシ

記事を読む

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック

Logitech Extreme 3D Pro ジョイスティック Google Earth フライトシミュレータでの設定

 先日SteamのセールでMicrosoft Flight Simulator X Steam Ed

記事を読む

BroadLink RM mini 3

Google Homeと赤外線コントローラーで家電を音声操作(アプリ設定のみ)

BroadLink RM mini 3を購入  BroadLink RM mini 3という赤外線

記事を読む

ToDo管理ツール探しの旅は続く、、、Wunderlist、Asana

個人用途ならWunderlist  仕事では会社で導入している有料のプロジェクト管理ツールを使って

記事を読む

コクヨ ダイヤルロック 3ダイヤル 黒 KK-D1D

ビジネスバッグを鍵付きに – コクヨ ダイヤルロック 3ダイヤル 黒 KK-D1D

いつも仕事で使っているビジネスバッグのファスナーに取り付ける鍵を購入しました。会社の存亡に関わる重要

記事を読む

Belkin WeMo Mini & Goole Home mini

Google Home miniで家電操作|WiFi電源コンセントBelkin WeMo Miniとの連携

Google Home miniを購入  2017年10月5日に発表されたGoogleのA

記事を読む

RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップ

360度カメラ RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップを考える

 昨年末にRICOH THETA SCを購入したのですが、このカメラ、布製のケースが付属して

記事を読む

ad

ブックレビュー|退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す

 平凡なタイトルからは想像出来ないような中身のある本です。副題も「7つ

ToDo管理ツール探しの旅は続く、、、Wunderlist、Asana

個人用途ならWunderlist  仕事では会社で導入している有料の

RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップ
360度カメラ RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップを考える

 昨年末にRICOH THETA SCを購入したのですが、この

PENTAX 一眼レフ カメラストラップ O-ST132
PENTAX 一眼レフ用 カメラストラップ O-ST132

カメラストラップがボロボロに、、、  先日一眼レフカメラを防

ブックレビュー|最低の軍師 簑輪諒

 都内から京成電鉄に乗り成田へ向かうと、ユーカリが丘を過ぎ佐倉に至るま

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑