ブックレビュー|人生は勉強より「世渡り力」だ!/岡野雅行

公開日: : 最終更新日:2014/09/23 ブックレビュー

人生は勉強より「世渡り力」だ! (青春新書インテリジェンス)

社員6人の下町の町工場を経営する著者の岡野雅行さん。

針穴の直径が0.08ミリという世界一細い「痛くない注射針」をはじめ、金型・プレスの分野で世界トップクラスの技術を持ち、NASAや世界的大企業からも注文を受ける。

そんな著者が豪快かつ人情味あふれる語り口で、「技術だけではダメ」、「人と情報のマネジメント力が大事」と、自身の経験談をふんだんに交えながら「世渡り力」について説きます。

スポンサーリンク

時に卑劣な手段で交渉を仕掛けてくる大企業を相手に対等にやりあってきた著者。そんな企業を相手に価格交渉の中で送りつけた大胆な内容のFAXのコピーなども紹介され、読んでいて説得力があり、また爽快でもあります。

ただそれを読者がそのままマネができるかというのは、また別の話。その「世渡り力」は著者の子供の頃からの貴重な人生体験に拠るところも多く、どちらかといえばこれから将来を選択し社会に出る中学生、高校生に読んでもらいたい本です。

一方私にとっては、人格形成の果てに凝り固まってしまう前にこんな良書に出会えていれば、と思う一冊でありました、、、。

スポンサードリンク

関連記事

ゲーミフィケーション<ゲーム>がビジネスを変える/井上明人

ブックレビュー|ゲーミフィケーション<ゲーム>がビジネスを変える/井上明人

ちょうど今から1年くらい前に発売された本です。 ゲーミフィケーションについてその定義、

記事を読む

ブックレビュー|あなたの人生の物語/テッド・チャン

久しぶりにSF小説を読みました。テッド・チャン「あなたの人生の物語」。ヒューゴー賞、ネビュラ

記事を読む

ブックレビュー|蟻地獄/板倉俊之

本当は"トリガー"を読みたかったのですが、無かったのでこちら。インパルスの板倉俊之の2作目の小説

記事を読む

ブックレビュー|Self-Reference ENGINE/円城 塔

Self-Reference ENGINE/円城 塔 - 2013年のフィリップ・K・ディッ

記事を読む

超弦理論入門

ブックレビュー|大栗先生の超弦理論入門/大栗博司

子供の頃、科学雑誌「Newton」が大好きだったけど、大人になってフツーの冷めたサラリーマン

記事を読む

ブックレビュー|宇宙が始まる前には何があったのか? – A UNIVERSE FROM NOTHING ローレンス・クラウス Lawrence M. Krauss

現代物理学が辿り着いた、最新の宇宙像について解説した一般向け書籍の中では間違いなく最高の一冊。著者は

記事を読む

ブックレビュー 芳賀ひらく – 江戸東京地形の謎、江戸の崖 東京の崖

「ブラタモリ」の視聴率が良いようです。私のように20年以上タモリ倶楽部を見ている視聴者にとっては2度

記事を読む

ブックレビュー|火山で読み解く古事記の謎

 2017年9月下旬頃から鹿児島県の新燃岳の火山活動が活発になり、10月11日には噴火警戒レベルが3

記事を読む

ブックレビュー|退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す

 平凡なタイトルからは想像出来ないような中身のある本です。副題も「7つのステップでスマホを手放す」と

記事を読む

ブックレビュー|ブラインドサイト/ピーター・ワッツ

昨年10月に邦訳されたばかりのハードSFです。 物語はいわゆるファースト・コンタクト

記事を読む

ad

ブックレビュー|退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す

 平凡なタイトルからは想像出来ないような中身のある本です。副題も「7つ

ToDo管理ツール探しの旅は続く、、、Wunderlist、Asana

個人用途ならWunderlist  仕事では会社で導入している有料の

RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップ
360度カメラ RICOH THETA SCのレンズキャップとストラップを考える

 昨年末にRICOH THETA SCを購入したのですが、この

PENTAX 一眼レフ カメラストラップ O-ST132
PENTAX 一眼レフ用 カメラストラップ O-ST132

カメラストラップがボロボロに、、、  先日一眼レフカメラを防

ブックレビュー|最低の軍師 簑輪諒

 都内から京成電鉄に乗り成田へ向かうと、ユーカリが丘を過ぎ佐倉に至るま

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑