PENTAX K-30 + O-GPS1 で星野写真を撮る

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 一眼レフカメラ , ,

PENTAXのGPSユニット O-GPS1を購入

星が好きな人にとってはジョーシキですが、日周運動をする暗い天体を撮影するにはその動きに合わせてカメラの向きを被写体に追尾させる必要があります。多くの場合、200年前に発明されたドイツ式赤道儀と呼ばれる架台に乗せて撮影するのですが、精度の高い回転軸2つにステッピングモーター、さらにバランスウェイトという構成上、初心者が気軽に撮影するには大掛かりな装置になります。さらにその値段も、一通り揃えると一眼レフがもう一つ買えてしまう程になります。

ところが最近になって、ナノ・トラッカーを始めとする、赤経軸にカメラ雲台を載せるだけでオッケーな、非常にコンパクトで安価な赤道儀が発売されるようになりました。しかしこれらもやはり赤道儀の一種であり、丈夫な三脚や雲台が必要な一方で、そのコンパクトさ故に耐荷重量にも限界があります。極軸合わせも初心者には辛い。

ハワイに日本の国立天文台が運用するすばる望遠鏡という巨大な天体望遠鏡があります。この口径8.2m、重量555トンという反射望遠鏡を駆動しているのは赤道儀ではなく、地線に対して上下左右方向に軸を持つ経緯台。じゃあどうして追尾撮影が出来るの?って話は焦点ユニットに視野回転機構を備えているから。200年には実現し得なかった近年の大型望遠鏡ならではの技術です。

ところで、一般に市販されている一眼レフデジタルカメラには”光学式手ぶれ補正機能”が搭載されているのはご存知の方が多いと思います。これにはレンズを動かして被写体に追従するタイプと、カメラボディ内の撮像センサーを動かすタイプの2種類あります。ニコン、キャノンは前者で、私が所有しているペンタックスは後者の”ボディ内手ブレ補正”です。

この撮像センサーを動かす(制御する)仕組みがあるのなら、すばる望遠鏡の”回転機構”と同じような機能を実現できる筈。そしてもっと言えばカメラボディを動かさずとも撮像センサーの動きだけで天体を追尾出来るんでない?

前置きがとっても長くなりましたが、この素晴らしいアイデアを1万円台で商品化してしまったのがPENTAXのGPSユニット、O-GPS1。掌に収まる小さな筐体で、極軸合わせも不要で追尾撮影が出来る画期的な製品なのです。電子コンパスとGPSでカメラの向きと現在位置の緯度経度がわかれば天体の動きは決定できますが、それを平面の動きに落とし撮像センサーを追従させる技術は並大抵のものでは無いと思います。

という訳で、対応するカメラを持っているのなら「とりあえず買っておけ」的なこのアクセサリー、多分に漏れずボディ購入後半年で”ポチッとな”しました。

スポンサーリンク

外観

届いたのがこちら。”GPSユニット”とありますが、もう「これで星を撮れ!」と言わんばかりのパッケージデザインです。

O-GPS1

カメラに取り付けたところ。サイズは購入前に想像していたよりかなり小さく感じます。取り付けにケーブルは必要なく、ストロボ用接点で独自のプロトコルで通信する仕組みです。

O-GPS1

キャリブレーション

早速試し撮りしました。まず方位情報を決めるための”精密キャリブレーション”を行います。YouTubeにアップされている以下の、おそらく社員の方と思われるおじさんの真似をして2回繰り返してもダメ。そこで3歩移動し、振り返って逆方向を向いて行ったところOKとなりました。正直面倒な作業ではありますが、方位の決定に必要な、非常にデリケートな環境磁場の判定を行っいるそうです。

撮影してみる

まずは固定撮影でオリオン座のM42。自宅近くの空の明るい場所で撮影したので露出時間は10秒で比較しました。レンズはボディとセットで付いてきたズームレンズ“smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR”です。

IMGP1655
(135mm F5.6 10秒)

次にアストロトレーサーを有効にして撮影。ボール星が止まって見える、とカメラが言ったかどうかは定かではありませんが、違いは明らかです。画格右上が少し流れているようですが。

O-GPS1 M42
(135mm F5.6 10秒)

ついでに近くのシリウスと散開星団M41を撮ってみました。

O-GPS1 M41
(135mm F5.6 10秒)

キャリブレーションに苦労するだとか、失敗することもあるとかいろいろ聞いていたのですが、この程度の写真であれば短い時間で簡単に撮影できます。

光害の影響がある都市部での撮影でしたが、これを持って暗い夜空が見える場所に出かけたいと思わせてしまう、素晴らしい製品です。

スポンサードリンク

関連記事

PENTAX K-30

PENTAXの思い出~K-30を購入

先日PENTAX(ペンタックス)の一眼レフデジカメK-30(18-135WRキット)を購入し

記事を読む

TAMRON タムロン 望遠ズームレンズ AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2

PENTAX K-30の交換レンズとして 先日、日本の某メーカーが海外で発売したスマートフ

記事を読む

M42 O-GPS1アストロトレーサー

O-GPS1アストロトレーサー + TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 [Model A17]

先日購入したPENTAXのO-GPS1ですが、購入時にカメラ本体に付属していたレンズから、3

記事を読む

ナカバヤシ キャパティドライボックス DB-8L-N

防湿ケース ナカバヤシ キャパティドライボックス DB-8L-N

カメラの保管用に 一眼レフカメラと交換レンズの保管用に防湿ケースを購入しました。 ナカバヤシ

記事を読む

PENTAX K-30 O-GPS1 オールドレンズ

PENTAX K-30|O-GPS1とオールドレンズで旅先でサクッと星空撮影

O-GPS1とオールドレンズの組み合わせ 昨年購入したPENTAXの一眼レフデジカメK-3

記事を読む

Apple TV Flickr

Apple TVが非公開Flickrに対応!もうMiracastやChromecastは不要かも

テレビでFlickrを見たい! 昨年6月にApple TV (MD199J/A)を購入しました

記事を読む

C/2014 Q2 Lovejoy. PENTAX K-30 + TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 [Model A17] 200mm F4.5 ISO1600 8Sec. x 8frames Processed by DeepSkyStacker & Gimp. Koto-Ku Tokyo. 2015/01/07

東京で撮影したラブジョイ彗星|PENTAX K-30 + O-GPS1

ラブジョイ彗星が肉眼等級に 昨年8月に発見されたラブジョイ彗星C/2014 Q2が5等級まで明るく

記事を読む

UN ラバーレンズ フード UN-5149

PENTAX-DA 35mmF2.4AL用のレンズフードについて|UN ラバーレンズフード UN-5149

先日PENTAXのKマウント単焦点レンズ、smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALを

記事を読む

オリオン座PENTAX-DA35mmF2.4AL

PENTAX-DA 35mmF2.4ALで星空の撮影 – オリオン座

PENTAXの安価な単焦点レンズ、DA 35mm F2.4ALで星空の写真を撮影してみました。肉眼で

記事を読む

CPLフィルター ZEROPORT JAPAN TiANyA XS-Pro1Digital

安価なCPLフィルター TiANyA XS-Pro1Digital

中国製のCPLフィルターTiANyA XS-Pro1Digitalを購入しました。 これまでUVフ

記事を読む

ad

星見用 双眼鏡 8×42ダハ エントリーモデル 5機種比較

 高校生の頃に星を見る目的で購入したビクセンの7x50の双眼鏡を持って

Amazon返品・返金
Amazonの返金処理が遅いのでカスタマーサービスに電話した結果

中古品?開封済みの汚れた商品が届いた  先日Amazonで某メーカー

Dyson DC48 ダイソン 掃除機
Dyson DC48のタービンヘッドのブラシが回らない。原因は、、、

自宅で使用しているダイソンの掃除機Dyson DC48のタービ

コクヨ ダイヤルロック 3ダイヤル 黒 KK-D1D
ビジネスバッグを鍵付きに – コクヨ ダイヤルロック 3ダイヤル 黒 KK-D1D

いつも仕事で使っているビジネスバッグのファスナーに取り付ける鍵を購入し

国際光器 PHOTON ED アイピース 8mm + BORG SD-1X
国際光器 PHOTON ED アイピース8mm

先日CelestronのC90MAKを購入したのですが、付属のアイピー

→もっと見る

  • Kazuyoshi
    都内の某SIerに勤めるエンジニア。自然科学、光学機器、模型に興味あり。気象予報士の資格を持っています。
    about.me
PAGE TOP ↑